【原神のアカウントの売り方】即売れる!おすすめアカウント売却法!

2022年5月18日

原神のアカウントを売りたいけど売り方がよく分からない…

今回は素早くアカウントを売りたい方におすすめの売り方3つと売るときのコツを徹底的に解説します。

原神アカウントの売り方3つ

    アカウントの売り方3つ
  1. SNSで売る
  2. 買取業者に依頼する
  3. フリマサイトを利用する

どれも長所と短所があるので、安全性・値段・速さを比較して、自分に適した方法で売るのがベストです。

それでは順に解説していきます!

SNSを利用して個人間で売る

まず一つ目はSNSで売る方法です。

結論から言うと、SNS(主にTwitter)での販売はハイリスク、ハイリターンなのが特徴です。

Twitterで販売する場合、完全に個人同士での取引になるので、売上金がすべて自分のものになります。

そのため、価格交渉が上手であれば、最も早く、多くの利益を出せる方法と言えます。

また、DMでやりとりすれば、気密性も高いため、販売したことがバレにくいです。

SNSで売るデメリット

SNSで売ることは、魅力的なメリットが多くありますが、個人的には以下のような理由から手放しにはおすすめできません。

    主なデメリット
  1. アカウントを騙し取られるリスクが大きい
  2. 相場より安く買われる場合が多い

アカウントを販売するときは、基本的に販売者がアカウントを先に渡して、購入者が確認した後に支払うという手順になります。
※逆の場合もあります

そのため、アカウントを渡した時点で、そのまま持ち逃げされる可能性があります。

また、相場の知識がない状態だと、相場よりもかなり安い値段を提示されても気づけないケースもあるので、注意が必要です。

SNSで販売するなら

SNSで販売することを視野に入れている人は、実績多数と謳っている人や、先払いOKの人を見つけて取引しましょう。

ただし、実績が本当か分からないうえに、先払いOKな人があまりいないので、ややハードルが高いかもしれません。

↓こちらの記事もおすすめ

買取業者に依頼する

2つ目はアカウント買取業者に依頼することです。

買取業者は、安全性を一番重視している人におすすめです。

なぜなら、企業が運営していることが多く、アカウントを持ち逃げされるということはまずあり得ないからです。

逆にこちら側が不正をしようとすると厳しく制裁を受けてしまうので、利用規約をしっかり読んでから利用しましょう。

買取業者に依頼するデメリット

買取業者は安全面は優秀ですが、以下のようなデメリットがあります。

    主なデメリット
  1. 買い取ってもらえる条件が厳しい
  2. 相場よりかなり安く買い取られる

買取業者は、遊ぶ目的でアカウントを購入する個人とは異なり、利益を出すために買取しています。

利益を出すためには、買った金額よりも高く売る必要があるため、相場と同じ値段で買い取ってもらえることはほぼあり得ません。

アカウント以外にも様々な中古買取がありますが、すべての買取業者に共通する事実です。

余談

私も数年前にパソコンを買取業者に買い取ってもらったことがありますが、その時の業者の方が気前のいい人で、「どれくらいで売るんですか?」と聞いたところ素直に答えてくれたことがあります。

その時は3万円で買い取ったものをだいたい6万円くらいで売りますと言っていました。

つまり、メルカリなどを利用して自分で売れば、プラス3万円分利益を獲得できていたということになります。。。

正直に言うとゲームのアカウントはパソコンや洋服と違ってかなり売れにくいです。

売れづらいアカウントを買い取っても在庫管理のコストがかさみ、最悪の場合、買取費用を回収できないこともあります。

そのため、買取条件を厳しめに設定せざるを得なくなってしまうということでしょう。

買取業者に依頼する場合は?

買取業者に依頼しようと考えている方は、基本的には「アカウント 買取」で上位に表示されるサイトがおすすめです。

マツブシなどが有名で広告もよく見かけますね。

最近新たに買取ダッシュというサイトを発見したのですが、買取条件が他のサイトよりもかなり低めに設定してありました。

おそらくどのサイトでも、買い取ってもらえる金額はあまり変わらないので、自分のアカウントにあまり自身がない方は、買取ダッシュというサイトで買い取ってもらうのも一つの手だと思います。

フリマサイトを利用する

最後に紹介するのはアカウント売買のフリマサイトで売ることです。

ゲームアカウントに特化しているという違いはありますが、某フリマサイトと仕組みもほぼ同じです。

利用したことがある方なら、すぐにわかると思いますが、簡単に説明すると以下のような流れになります。

簡単な流れ

1.出品者が原神アカウントを出品

2.購入者が原神アカウントを購入

3.支払われたお金をフリマサイトが一旦預かる

4.出品者がアカウントの情報を伝える

5.購入者が確認すると、お金が出品者に反映される

Twitterと違い、アカウントを先に渡すというような状況にならないため、少なからず安心できます。

フリマサイトは会員登録が少し面倒ですが、出品してしまえば、あとは売れるのを待つだけなので、他の手段よりは楽です。

また、買取業者と異なり、個人で遊ぶ目的でアカウントを購入する人がほとんどなので、売るための必須条件がありません。

そのため、どのようなアカウントでも購入してもらえる可能性があり、本来の相場で買ってもらえることが多いです。

定期的にキャンペーンを開催しているサイトもあるので、そのタイミングで利用すればお得になることもあります。

フリマサイトを利用するデメリット

フリマサイトを利用する場合、運営によって対応の差があることが大きなデメリットです。

トラブル発生時にお問い合わせをしても、あまり介入してくれないサイトもあるので、注意が必要です。

また、相場をしっかり把握していないと、いつまでたっても売れないこともあるので、出品する時は他の出品の値段も吟味しながら、価格を設定しましょう。

相場を確認する時におすすめなのは、ゲームクラブの「相場が分かる掲示板」です。会員登録さえすれば、誰でも無料で査定してもらえます。

フリマサイトで売るには

どのフリマサイトでも、システム自体にそこまで差はないので、手数料の安さや運営の対応で選ぶのがおすすめです。

今あるフリマサイトの中で手数料が一番安いのはゲームクラブで、売上金を30分以内に出金してもらえるのが便利です。

どのフリマサイトも基本的には会員登録無料なので、実際に使ってみるのが一番ですが、個人的には、販売者のメリットが多いゲームクラブの方がおすすめです。

原神のアカウントを売る時の流れ

実際に原神のアカウントを売る時の流れは、アカウントの購入を希望している人に、アカウントの情報を開示して、引継ぎをしてもらうという手順となります。

原神で用意されている引継ぎ方法

miHoYoアカウントにデータが連携されているので、アカウント移行したいデバイスでログインすれば、データを引き継ぐことが可能です。

原神アカウントは他にも以下の5つの方法で引き継ぐことができます。

    アカウント連携方法
  1. Google
  2. Game Center
  3. AppleID
  4. Facebook
  5. Twitter

原神を売る時の注意点

デバイスによってデータの移行ができないパターンがあるので、引継ぎを行うプラットフォームをあらかじめ伝えておきましょう。

プラットフォーム 引継ぎ先 共有
スマートフォン PC
PC スマートフォン
PS4、Switch スマートフォン、PC ×

原神のアカウントを売る時に確認すべき事項

原神のアカウントを取引する際の確認事項を以下にまとめたので、ご参考にしていただければと思います。

  • PC⇔スマホ間はデータ共有は可能
  • PS4とSwitchは他デバイスとのデータ共有は不可
  • PS4⇔Switch間のデータ共有も不可
  • PS4同士での引き継ぎは可能
  • 異なるサーバーへのデータ移行はできない

他のユーザーが出品している内容を参考にするのも一つの手なので、気になる方はチェックしてみてください!

原神アカウントの売り方まとめ

ここまで原神のアカウントの売り方を説明してきましたが、どの方法にも明確なメリットがあることがお分かりいただけたかと思います。

個人的には安全性・値段・速さのバランスが取れているフリマサイトで売るのが一番おすすめですが、みんさんが最適な売り方を見つけるための一助になれれば幸いです。

この記事は役に立ちましたか?

ゲームアカウント売買・RMTができるフリマサイト
ゲームアカウント売買のフリマサイト「ゲームクラブ」

専用出品を安全にできる『暗証番号』機能や買取機能など他RMTサイトにない独自の機能が充実しているサイト。手数料は7.7%で出金までのスピードは最短30分と記載されている。前身サイトの「RMT.club」から様々な機能がアップグレードされている。


ゲームアカウント・アイテム売買の老舗RMTサイト「RMT.club」

大手RMTサイト中では一番歴史が古いRMTサイト。運営歴が長いため運営側の対応も比較的しっかりしているサイト。閉鎖予定だったが、2021年10月に再リリースした過去がある。